HOME > インスペクションについて


インスペクションについて




中古住宅は、新築時の品質や性能の違いに加えて、その後の維持管理や経年劣化 の状況により物件ごとの品質等に差があることから、消費者は、その品質や性能 に不安を感じている。このような中、中古住宅の売買時点の物件の状態を把握で きるインスペクションサービスへのニーズが高まっています。

当社のインスペクションは、国土交通省が2013年6月策定の「既存住宅インスペクションガイドライン」に準拠し一級建築士事務所の調査診断業務として行っています。

インスペクションは、1次・2次・3次と検査内容により線引きされています。

1次インスペクションは、主として中古住宅の売買時に建物の劣化状況を目視と簡易計測器を使い非破壊検査を行い、補修工事などの必要性を把握するいわゆる初期検査です。どれくらいもつのか?修繕するのにどれくらいお金がかかるのか?などアドバイスをします。これが当社の住宅標準検査」「住宅詳細検査にあたります。

2次インスペクションは、1次インスペクションで劣化が生じていると思われる範囲や不具合の原因を把握するための詳細診断です。耐震診断・外壁の赤外線調査などがこれにあたります。
人間の体でたとえて言うなら1次インスペクションは、「かかりつけの町医者」による初期症状の診断。そしてかかりつけの医者が専門診断を必要とした場合、大学病院などで専門的な診断を受ける。これが2次インスペクション。

◆さらに3次インスペクションとして、耐震性・断熱性・省エネ性のために行う住宅性能をUPさせるための調査診断を性能向上インスペクションと位置づけています。当社では、デザインリフォーム&インスペクションメニューがこれにあたります。

(一部、国土交通省2013年6月17日既存住宅インスペクションガイドラインより引用)

各種オプションサービス

⇒価格表はこちら

1)フラット35中古住宅適合証明書
2)フラット35中古住宅適合証明耐震評価基準証明書
3)耐震基準適合証明書
4)木造耐震診断(一般診断法)
5)法令制限検査
6)建物ボリューム検査
7)リフォーム全般チェック
8)鉄筋コンクリート・鉄骨造耐震診断


お問合わせはこちら


各種オプションサービス


検査にあたって、検査項目別に下記のような機材を使用いたします。

住宅検査機材

info_06.gif
その他の機材:打検棒、クラックスケール、膜圧計、温湿度計、双眼鏡など



お問合わせはこちら