HOME > 木造耐震診断・耐震補強設計


木造耐震診断・耐震補強設計


<<RC造S造SRC造耐震診断はこちらから



木造耐震診断
プロスパーデザインは、東京都木造耐震事務所として登録しています。

東京都耐震ポータルサイト


耐震診断!築30年の住宅 現地建物検査公開!-こちらのブログより

 ◆木造住宅の「新耐震・旧耐震建築物」って?
1981年(昭和56年)建築基準法施行令大改正により、新耐震設計基準が誕生し、耐震設計が抜本的に見直されました。
構造用合板やせっこうボード等の面材を張った壁などが追加され壁量規定や床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率の改定が行われました。
この基準に合致した建築物を「新耐震建築物」といいます。
それ以前の建築物を「旧耐震建築物」といいます。

      〜木造住宅の法規制 変遷はこちら〜

 ◆木造住宅の耐震化とは?◆
国土交通省では、昭和56年以前のいわゆる「旧耐震建築物」の耐震化を進めており、施策として今後10年間までに現在の75%から95%へ引き上げることを目標にしています。
各市町村では、旧耐震建築物の耐震化助成金を交付しており地域により補助額が異なります。詳しくはお問い合わせください。

 

 ◆木造住宅耐震化〜具体的にはどうすればよいの?◆
大きく分けて以下の4つのステップがあります。ライフスタイルに合わせそれぞれの段階で検討することが必要です。

 
   

 ヒアリング

1.ヒアリング
耐震化の目的と効果、補助金の有無、
耐震診断や耐震設計費用の算出、
将来の建物活用についてヒアリング
を行います。相談無料です。

 
 
   

耐震診断

2.耐震診断
補助金の可否〜申請
耐震診断委託契約
現地検査
測量〜図面作成(図面ない場合)
耐震診断書の作成
診断書の耐震化評点により耐震補強が
必要か判定します。

 

 

 
   

耐震設計

3.耐震補強設計
耐震化目標ヒアリング
補助金の可否〜申請
耐震設計委託契約
耐震補強設計
概算見積書の作成

 

 

 
   

 

4.耐震補強工事
工事業者の選定
工事費見積
補助金の可否〜申請
工事契約
耐震補強工事
工事後の耐震実施評価

 

 

 ◆耐震診断サービス料金(税込)◆
(財団法人日本建築防災協会の一般診断法。非破壊検査による。)
(在来工法2階建:延べ床面積〜125m2程度の場合)


・・・ 単独での依頼
設計図面ある場合     150,000円+税
設計図面ない場合     別途お見積


・・・ ホームインスペクション(標準検査)とセットの場合
設計図面ある場合     175,000円+税
設計図面ない場合      別途お見積


・・ ホームインスペクション(詳細検査)とセットの場合
設計図面ある場合     240,000円+税
設計図面ない場合      別途お見積

 ヒアリングホームインスペクションと同時に依頼するとお得です!

 

 ◆耐震改修設計サービス料金(税込)◆
 (財団法人日本建築防災協会の一般診断法による。)
  別途お見積いたします。ぜひお問い合わせください。

            

お問合わせはこちら

      

 

 ◆リフォームをお考えの方は別途ご相談ください。

  当社のスタッフがプランニングから相談させていただきます、

お問合わせはこちら

 

 ◆耐震改修工事はどれくらいかかるの?◆

建物の構造・規模・改修の程度及び図面の有無などにより異なりますが
平均的な費用な以下の通りです。(東京都耐震ポータルサイトより)

 木造住宅・・・・・1棟当たり、150万円/棟〜200万円/棟
但し、木造在来住宅で標準的な評点差(0.5から1.0)の場合

お問合わせはこちら

 

 

 

お問合わせはこちら